土星探査機「カッシーニ」 今年9月のミッション終了に向け最終観測へ

20170406nca
 
これまで土星の環や衛星に関する素晴らしい探査ミッションを続けてきた、探査機「カッシーニ」。そのカッシーニがいよいよ、2017年9月のミッション終了に向けた最終フェーズに移行します。
 
1997年に打ち上げられ、2004年から土星の観測を開始したカッシーニ。これまで土星の環だけでなく、上画像のような極地の六角形の高速ジェット、衛星のエンケラドゥスミマスパンダフニスパンドラ……などなど、さまざまな観測を行ってきました。
 
そして9月15日、カッシーニは土星の大気圏に突入して破棄されます。しかしその前に、土星を22回接近観測するという重要なミッションを予定しています。まず、4月26日の最初の周回では土星と環の間の2,400kmの隙間を通過予定。そして土星の大気圏や環の粒子など内部構造に関する詳細が解明されることを、科学者は期待しているのです。
 
カッシーニは最後の接近観測でも、地球へと観測データを送り続けます。これまで観測を続けたカッシーニにはお疲れ様と、また将来の惑星探査がますます楽しみになってきましたね!
 
Image Credit: NASA/JPL-Caltech
■Cassini gears up for its grand finale
http://newatlas.com/cassini-grand-finale/48808/
■NASA’s Cassini Mission Prepares for ‘Grand Finale’ at Saturn
https://www.nasa.gov/press-release/nasa-s-cassini-mission-prepares-for-grand-finale-at-saturn

関連記事

ページ上部へ戻る