プカプカ水に浮かぶドローン「Diodon」 脚は空気による膨張式

20170404ndrone
 
ドローンなどの電気製品にとって大敵となる「水」。過去には耐水性能を実現した製品も登場しましたが、それもごく一部です。しかしAirvadaが開発したドローン「Diodon」空気でふくらませる脚をもち、水上への着水もラクラクこなすことができるんです。
 

 
このドローンは6つのローターを備えるヘキサコプターで、中央の本体部分は防水仕様。また6つの足は輸送時には縮めて、本体サイズを小さくすることもできます。さらに、脚の展開もエアーポンプで1〜2分程度とかなり高速です。
 
現在Airvadaは3タイプのドローンの販売を計画しており、本体サイズの一辺が70cmの「SP20」、120cmの「MP40」、150cmの「HP150」が登場予定。それぞれがGoProのカメラ、ジンバルつきのカメラ、1.5kgまでの荷物を運搬できます。
 
現時点ではまだ価格や発売時期の発表されていないDiodon。水辺での調査用途やホビー用品としても、その使い道は広そうです。
 
Image Credit: Airvada
■Water landings won’t worry this inflatable drone
http://newatlas.com/airvada-diodon-inflatable-drone/48713/

関連記事

ページ上部へ戻る