JAL、9回目となる「こいのぼりフライト」を5月5日に運航

20170327nkoi
 
JAL(日本航空)は、5が5日の端午の節句に合わせて9回目となる 「こいのぼりフライト」を実施すると発表しました。
 
こいのぼりフライトでは恒例、JALグループの男性社員が搭乗口で搭乗者を迎えます。さらに、男性客室乗務員のみによる機内サービスは年に1回、このフライトのみとのこと。いつもと少し違ったキャビンの様子が楽しめそうですね。
 
フライトの日程は5月5日の10時40分発の東京(羽田)→旭川(JAL 553便)と、13時10分発の旭川→東京(羽田)(JAL 554便)の2つ。さらに、羽田空港(国内線)では南キッズランドスペース(搭乗口9番横)にて模擬制服体験も開催されます。開催時間は9時〜12時まで。
 
そして、羽田空港内のJAL施設を訪れたり、飛行機や空の仕事について質問できる「JAL子ども塾」も開催。こちらは12歳以下が加入できるJMBキッズクラブ会員限定でのイベントとなっており、応募開始は3月30日予定となっています。
 
Image Credit: JAL
■5月5日 JALグループ社員による「こいのぼりフライト」を運航!
https://www.jal.co.jp/dom/koinobori/

関連記事

ページ上部へ戻る