JAXA、H-IIAロケット打ち上げ実施 「情報収集衛星レーダ5号機」を種子島宇宙センターより

20170317nro
 
JAXA(宇宙航空研究開発機構)は3月17日、H-IIAロケット33号機を種子島宇宙センターから打ち上げました。
 
このH-IIAロケットには「情報収集衛星レーダ5号機」が搭載されています。その目的は、上空からの地上撮影にて安全保障や災害時に活用するため。レーダー衛星は夜間や悪天候時にも強いという特徴があります。
 
情報収集衛星には光学センサーで地上を撮影する「光学衛星」とレーダーで地表を走査する「レーダー衛星」があり、あわせて地上を一日最低1回撮影できるように運用されます。また、昨年3月には「情報収集衛星光学5号機」の打ち上げが行われました。

 
今回の打ち上げは情報収集衛星ということで、打ち上げ時刻以外の軌道投入時刻やその軌道などは公開されていません。
 
Image Credit: nvs-live.com(ネコビデオ ビジュアル ソリューションズ)
■H-IIAロケット33号機の打上げについて
http://www.jaxa.jp/press/2017/01/20170125_h2af33_j.html

関連記事

ページ上部へ戻る