スペースXのドラゴン補給船、一時中断後に無事ISSへとドッキング

20170224nx
 
2月19日にケネディ宇宙センターから打ち上げられた、スペースXの「ファルコン9」ロケット。そのロケットに搭載されたドラゴン補給船が、一時の中断もありましたが無事に2月23日にISS(国際宇宙ステーション)へとドッキングされました。
 
約2.5トンの補給物資を搭載して打ち上げられたドラゴン補給船。本来は2月22日にISSへとドッキングする予定でしたが、GPSシステムのデータの異常により、予定を断念。そして1日のうちに不具合を修正し、翌日にISSのロボットアームにキャプチャーされたのです。
 
なお補給船の中には宇宙飛行士のための生活必需品だけでなく、抗生剤への耐性を獲得した細菌のメカニズムを調べるための「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)」も含まれているのです。
 
さらに、2月22日には「プログレス MS-05」補給船「ソユーズU」ロケットによって打ち上げられました。こちらのISSへのドッキングは2月24日の夜(国際標準時)を予定しており、ISSは忙しい週末を迎えそうです。
 
Image Credit: NASA
■SpaceX Dragon Delivers NASA Cargo to Space Station After 24-Hour Delay
http://www.space.com/35807-spacex-dragon-delivers-nasa-cargo-late.html
■SpaceX docks with space station on second try
http://money.cnn.com/2017/02/23/technology/spacex-dragon-capsule-dock-iss/

関連記事

ページ上部へ戻る