スペースX、ロケット打ち上げを2月18日目標に ISS補給、ケネディ宇宙センターより

20170208nken
 
ロケットの高密度な打ち上げ計画を明かすなど、いよいよ本格始動にむけて動き出したスペースX。そのスペースXは公式ツイッターアカウントにて、次のロケット打ち上げが2月18日を目標にしていることを明かしました。
 


 
この打ち上げミッションでは、ISS(国際宇宙ステーション)へのドラゴン補給船による補給ミッションが行われます。補給船打ち上げに利用されるのは、同社のファルコン9ロケット。また打ち上げはケネディ宇宙センターの第39複合発射施設(LC-39A)にて予定されます。
 
スペースXは昨年9月1日にケープ・カナベラル空軍基地にてロケット打ち上げを失敗して以来、フロリダからの打ち上げを行っていませんでした。今年1月4日のロケット打ち上げは、西海岸のヴァンデンバーグ空軍基地から。一方、損傷したケープ・カナベラルの第40複合発射施設は修理計画が進んでいます。
 
アポロ計画のために建造され、スペースシャトルの打ち上げにも活躍したケネディ宇宙センターの第39複合発射施設(LC-39A)。再び大いに活用される姿を目にすることになりそうです。
 
Image Credit: Ken Kremer/kenkremer.com
■SpaceX targets Feb. 18 for Space Station resupply launch
http://www.clickorlando.com/news/space-news/spacex-targets-feb-18-for-next-launch-from-cape-canaveral
■SPACEX AWAITS FAA FALCON 9 LAUNCH LICENSE FOR 1ST PAD 39A BLASTOFF ON NASA ISS CARGO FLIGHT
http://www.universetoday.com/133276/spacex-awaits-faa-launch-license-for-1st-pad-39a-blastoff-on-nasa-iss-cargo-flight/

関連記事

ページ上部へ戻る