三菱航空機、社長の退任を発表 国産ジェット「MRJ」は納入延期

mitac_logo
 
三菱航空機は2月2日、3月31日付で森本浩通取締役社長が退任することを発表しました。4月1日からは取締役社長として水谷久和氏が就任します。
 
三菱航空機は三菱重工業株式会社の子会社で、国産リージョナルジェット「MRJ」などを開発しています。また、MRJは1月23日に5度目の納入延期が発表されていました。当初は2018年半ばとされていた納期は、2020年半ばに変更されています。
 
なお水谷氏は現在三菱重工業の常務執行役員で、防衛・宇宙ドメインのドメイン長を努めています。
 
Image Credit: 三菱航空機
■三菱航空機
http://www.flythemrj.com/j/

関連記事

ページ上部へ戻る