NASA、火災事故「アポロ1号」の犠牲クルー追悼し特別展示を公開

20170130nap1
 
今でこそ当たり前に宇宙飛行士がISS(国際宇宙ステーション)へと行き帰りするようになりましたが、初期の宇宙開発にはいくつもの尊い犠牲がありました。例えば、1967年1月27に火災によって3名の宇宙飛行士の命が失われた「アポロ1号」計画。後に人を月にまで運んだアポロ計画も、最初にこのような大きなつまづきがあったのです。
 
そしてNASAはその50周年となる今年、彼らの勇気と貢献を賞賛するための特別展示「Ad Astra Per Aspera – A Rough Road Leads to the Stars.」をケネディ宇宙センターに開設しました。
 
20170130nap2
 
準備テストの際の出火で、ガス・グリソム船長、エドワード・ホワイト副操縦士、ロジャー・チャフィー飛行士の3名の生命が失われたアポロ1号計画。この展示では、初となるアポロ1号の司令船のハッチなどが展示されています。このハッチは火災当時にうまく開かず、後に改良が行われました。
 
チャフィー飛行士の娘にあたるSheryl Chaffeeさんは、「たとえ炎によって3人の命が奪われようとも、彼らのストーリーと遺産は今日まで生き続けています」と語っています。宇宙開発は数多くの失敗と、それを乗り越える人間の勇気によって成り立っていることを思い知らされますね。
 
Image Credit: NASA
■NASA remembers Apollo 1 crew
http://newatlas.com/nasa-apollo-1-exhibit/47618/
■NASA unveils tribute exhibit to honor the astronauts of the Apollo 1 tragedy
http://www.theverge.com/2017/1/27/14401654/nasa-apollo-1-50-anniversary-tribute-museum-exhibit

関連記事

ページ上部へ戻る