最新戦闘機「F-35B ライトニングII」、2機が岩国基地に到着

20170119nf35b
 
意外と時間がかかりました。在日米海兵隊は1月19日、戦闘機「F-35B ライトニングII」2機が18日夕方に岩国航空基地に到着したことを伝えています。この2機は、第121海兵戦闘攻撃中隊に所属する機体です。
 
F-35はロッキード・マーティンが中心となって開発した次世代戦闘機で、ステルス性能や高い情報収集/共有によるネットワーク戦闘能力が特徴。F-16戦闘機やF/A-18戦闘攻撃機、A-10攻撃機、AV-8B ハリアー II攻撃機などの置き換えを狙って開発されました。その中でもF-35Bは短距離離陸/垂直離着陸が可能となっており、米海兵隊ではAV-8B ハリアー IIの後継機として位置づけられています。
 
今回のF-35Bの配備はアメリカ国外への最初のF-35の展開となり、今後は合計で16機が岩国基地へと配備される予定です。さらに米海兵隊だけでなく、航空自衛隊も合計で42機の「F-35A」の導入を計画しています。こちらは昨年9月にロールアウトが行われ、2017年度以降に正式に配備される予定です。
 
Image Credit: DefenseNews
■F-35B日本到着
http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/news/170119-F35.html

関連記事

ページ上部へ戻る