アマゾン、謎の無線テストを米FCCに申請。ドローン配達「Prime Air」に関連?

20170116ndrone
 
とうとうイギリスにてテスト的に始まった、アマゾンのドローン配達サービス「Prime Air」。しかし同社はイギリスだけでなく、世界中でのPrime Airの展開を狙っています。そして今回、アマゾンはアメリカのFCC(連邦通信委員会)に対し、「謎の無線テスト」の申請を行ったことが判明しました。
 
20170116nama
 
「evaluate prototype equipment and associated software designed to support innovative communications capabilities and functionalities.」と名付けられた今回の申請では、シアトルのアマゾン本社付近にて低出力かつ複数の無線発信機の一時利用を申請しています。また、テストは同社の郊外施設でも実施される可能性を示唆しています。
 
ではなぜこのニュースが騒ぎになっているのかというと、同申請にはNeil Woodward氏の名前が入っていたからです。Neil Woodward氏は元宇宙飛行士で、現在はPrime Airの上級マネージャーを担当しています。つまり、この無線使用申請はドローン配達のテストなのでは?という憶測が成り立つんですね。
 
アマゾンのPrime AirはGPSを利用した自動飛行を行い、24kmの範囲で最大2.3kgの荷物を運搬することができます。荷物はドローンの下部に搭載してドローンごと地面に降下する方式で、さらに機体には危険物との衝突回避機能も搭載されています。また千葉県幕張に設定されたドローン配達の国家実証特区ではアマゾンの名前もささやかれており、日本でのサービスローンチに対して期待が高まっています。
 
Image Credit: Amazon
■Amazon seeks FCC approval to run mysterious wireless tests that could be related to drone delivery
http://www.phonearena.com/news/Amazon-seeks-FCC-approval-to-run-mysterious-wireless-tests-that-could-be-related-to-drone-delivery_id90000
■Amazon wants FCC approval to test mysterious wireless communications system
http://www.geekwire.com/2017/amazon-wants-fcc-approval-test-mysterious-wireless-communications-system/

関連記事

ページ上部へ戻る