相互作用によって目覚める星形成活動

Sponsored Link

この2つの歪んだ銀河はアープ・アトラスの特異銀河カタログの256番である「Apr 256」の姿です。「Apr 256」は、くじら座の方向約3億5000万光年の距離に位置している、初期段階の衝突銀河です。

data-full-width-responsive="false">

ハッブル宇宙望遠鏡の掃天観測用高性能カメラ「ACS」広視野カメラ3「WFC3」の可視光波長で捉えた「Apr 256」は、大きく形を変えた2つの銀河と、伸びる尾から振りまかれた様なガスや青い星団を捉えています。この銀河を包み込む大量の青い星は、衝突銀河に見られる相互作用によって引き起こされた星形成活動による結果です。銀河はすれ違ったり、衝突することで刺激され、星形成活動に目覚めます。それはある意味、人間の感情の様ですね。

なお、「Apr 256」は2つの銀河で1つの天体を示しますが、個々の銀河を表す場合、上側の銀河は「Apr 256N」、下側の銀河は「Apr 256S」となります。

 

Image Credit:ESA/Hubble, NASA
https://www.spacetelescope.org/images/heic1805a/

ページ上部へ戻る