イプシロンロケット2号機、打ち上げ! ジオスペース探査衛星(ERG)で高エネ電子の解明狙う

20161220ip0

 
JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)は2016年12月20日20時、イプシロンロケット2号機を内之浦宇宙空間観測所から打ち上げました。同ロケットには「ジオスペース探査衛星(ERG)」が搭載されています。
 
20161220nip2
 
今回打ち上げられたジオスペース探査衛星(ERG)は小型科学衛星で、地球をドーナッツのように取り囲む放射線帯(ヴァン・アレン帯)高エネルギー電子に関する観測を行います。太陽からは極めて大エネルギーな粒子の放出(太陽風)が存在し、それによって地上や人工衛星などに影響を及ぼす「太陽嵐」が発生します。ジオスペース探査衛星はこの太陽嵐とともに生成と消失が観測される高エネルギー電子の謎を解き明かそうとしているのです。
 
そしてイプシロンロケット2号機は3段式の固形燃料ロケットで、試験機から2段モータを強化(M-35採用)することで打ち上げ能力の向上に成功。その全長は26メートルで重さは95.4トンとなり、ロケットの打ち上げ管制もシンプル、コンパクトに設計されています。なお、今回は2013年の試験機による惑星分光観測衛星「ひさき」から3年ぶりの打ち上げとなります。
 
先日にはH-IIBロケットが宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)の打ち上げに成功し、11月にはH-IIAロケットが気象観測衛星「ひまわり9号」の打ち上げに成功するなど、日本の宇宙開発はいい流れに乗っている気がします。このまま来年1月11日の超小型衛星用ロケット「SS-520 4号機」や1月24日の「H-IIAロケット32号機も、あっさりと打ち上がってほしいものです。
 
追記:20時13分ごろに衛星の分離が発表され、無事に打ち上げが成功しました。
 
Image Credit: YouTube、JAXA
■イプシロンロケット2号機によるジオスペース探査衛星(ERG)の打上げ時刻について
http://www.jaxa.jp/press/2016/12/20161218_epsilon2_j.html

関連記事

ページ上部へ戻る