成田空港に「スマホ専用トイレットペーパー」登場 ドコモの狙いとは?

20161220nsma1
 
一見レシートのようですが、そうではありません。NTTドコモはYouTubeに投稿した動画の中で、成田空港の一部トイレスマホ専用トイレットペーパーを設置したことを発表しました。
 

 
この動画では、冒頭では和式トイレの使い方、そして次に日本で広く利用されている「ウォッシュレットトイレ」について解説されています。このウォッシュレットがもっと世界中に広がればいいんですけどね……。
 
それはともかく、続いて「スマートフォンの画面には便座の5倍以上の雑菌が付着している」との衝撃の事実が明かされます。え、そうだったの……。もう食事中にスマートフォンを触るのはやめます。

20161220nsma2
 
そして、ドコモが導入した「スマートフォン専用トイレットペーパー」。これはスマートフォンの画面を拭いて綺麗にできるだけでなく、ドコモのWi-Fiスポットや音声翻訳つき観光ガイドアプリの案内が印刷されているんです。つまり、このトイレットペーパーをちょっとちぎってポケットに入れておけば、旅行中に便利に使えるというわけですね。
 
ただのトイレットペーパーと思いきや、外国人観光客の日本旅行にも役に立つ……ドコモのナイスなプロモーションなのでした。なお、スマホ専用トイレットペーパーの設置期間は2016年12月16日(金)〜2017年3月15日(水)までとなっています。
 
Image Credit: Docomo
■HOW TO USE TOILETS in JAPAN. -日本のトイレの使い方-
[https://www.youtube.com/watch?v=HWje_E6xqEs]

関連記事

ページ上部へ戻る