ISS、「こうのとり」6号機をロボットアームでガッチリキャッチ! 日本製バッテリーなど移送へ

20161214nkou
 
日本時間の12月9日にH-IIBロケットで打ち上げられた、宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)。こちらが13日19時39分にISS(国際宇宙ステーション)に到着し、みごとISSのロボットアームによるキャッチに成功しました! またこうのとり6号機はISSのとのドッキングも済ませています。
 
日本が開発した大型輸送船のこうのとり6号機の内部には、宇宙飛行士の生活必需品(種子島の水など)や実験機器だけでなく、日本製のリチウムイオンバッテリーが搭載されています。現在ISSにはニッケル水素バッテリーが搭載されていますが、これを高効率なリチウムイオンバッテリーに置き換えることで必要なモジュール数を半減。まるでラップトップPCの進化を見ているようです。
 
それ以外にも、大事な輸送機器として7つの超小型人工衛星と新型の放出機構があります。この7つの超小型人工衛星はCubeSatという規格にそったサイコロ型、あるいはそれを積み重ねた直方体の形をした大学や民間企業による7つのグループによる人工衛星。。また新型の放出機構は放出機能が倍増(6Uから12U)され、日本の宇宙実験棟「きぼう」に取り付けられる予定です。
 
そしてこれらの輸送任務を終えたこうのとりは、ISSから分離した後に「KITE(カイト)」と呼ばれる、「スペースデブリ(宇宙ゴミ)」の除去実験を行います。ここでは宇宙空間にワイヤーを繰り出し、電流を流すことでローレンツ力を利用しデブリを減速、落下させる「導電性テザー要素技術実証」が試されるのです。
 
最近は宇宙ステーションへの補給を行う各国のロケット打ち上げが若干不調気味ですが、無事任務を果たしたH-IIBロケットとこうのとり6号機に「お疲れ様」といってあげたいですね!
 
Image Credit: NASA TV
■Japanese Spaceship Makes Christmas Delivery at Space Station
http://www.space.com/35005-japanese-spaceship-christmas-delivery-space-station.html

関連記事

ページ上部へ戻る