みんなで見よう! 「こうのとり」6号機打ち上げのライブ中継決定 搭載小型衛星も公開

20161117nkou
 
来月12月9日にH-IIBロケットによって打ち上げられる、宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)。JAXA(宇宙航空研究開発機構)はその打ち上げを12月9日の21時50分から約1時間、YouTubeでライブ中継することを発表しています。
 
こうのとりは内部にさまざまな物資を搭載し、ISS(国際宇宙ステーション)への補給ミッションを行います。その中にはISS用の新型リチウムイオンバッテリーや宇宙飛行士への補給物資だけでなく、日本の実験棟「きぼう」から放出するための7つの超小型衛星も含まれています。
 
20161117nkou2
 
小型衛星は九州工業大学/Naayang工科大学(シンガポール)、JAMSS/GAUSS社/Tancred小学校・INPE(ブラジル)/OSN社(米国)、東京大学、筑波大学、静岡大学、(株)中島田鉄工所/東北大学、早稲田大学など、7つのグループによって開発されたもの。それぞれが軌道上にてさまざまな実験をおこないます。
 
また、これらの超小型衛星はCubeSatという規格にそっています。衛星の上に記載された1Uサイズは10×10×10cmで、2Uは20×10×10cm、3Uは30×10×10cmと徐々に大きくなります。そしてこれらの超小型衛星はロケットによる打ち上げのほか、きぼうに取り付けられた小型衛星放出機構(J-SSOD)により軌道上へと投入することができるのです。今回は12Uの放出能力をもつ放出機構も公開され(以前は6U)、この新型放出機構によりミッションが行われます。
 

 
さらに、JAXAでは「こうのとり」6号機と管制チームへの応援メッセージを受け付けています。メッセージの送信はこちらのページから、「#こうのとり応援」のハッシュタグ付きで送信可能。締切は12月22日までとなっています。
 
こうのとりとH-IIBロケットの打上げ予定日時は12月9日(金)22時26分頃で、打上げ場所は種子島宇宙センターを予定。さらに、こうのとりがISSに接近〜把持、分離される様子も今後ライブ中継されます。日本による世界最大級の補給船の打ち上げを、ぜひいっしょに眺めてみましょう!
 
Image Credit: JAXA
■「こうのとり」6号機打ち上げライブ中継が決定!応援メッセージ募集中
http://fanfun.jaxa.jp/topics/detail/8851.html
■「こうのとり」6号機に搭載する超小型衛星7基を公開しました
http://iss.jaxa.jp/kiboexp/news/161107_cubesats_unveiled.html

関連記事

ページ上部へ戻る