中国で女性初のJ-10戦闘機パイロット、訓練中に死亡 夢は宇宙飛行士

20161114nchina2
 
なんとも痛ましい事故です。女性として初めて中国の「J-10戦闘機」のパイロットになった余旭(ユー・シュー)さんが、アクロバット飛行のトレーニング中のクラッシュで死亡するという事故が起きてしまいました。
 
中国空軍でアクロバットチーム「August 1st」に所属していたユーさんは、週末に河北省北部で行われた訓練飛行の際に緊急脱出装置で航空機から脱出。しかし彼女は運悪く他の航空機の翼に接触してしまい、その生命が失われました。なお、同時に脱出した副操縦士は無事に生還しています。
 

20161114nchina

 
四川省崇州市出身のユーさんは、中華人民解放軍の空軍に2005年に参加。16人の女性戦闘機パイロットのうちの一人として、ジェット機搭乗の試験に合格しました。また2012年には、女性としてはじめてJ-10戦闘機のパイロットに選出。彼女のファンは彼女のことを「金孔雀」と呼んでいたそうです。
 
さらに飛行部隊のリーダーだった彼女は、将来は「宇宙飛行士」になりたいと夢見ていたそうです。実に優秀な女性だったんですね。
 
今回の事故を受け、中国公共放送の新華社は「深い悲しみと遺憾の意」を表明。また現地紙も「中国空軍にとって、途方もない損失だ」と伝えています。
 
Image Credit: scmp.com, REX
■First woman to fly China’s J-10 fighter killed in crash
http://www.telegraph.co.uk/news/2016/11/14/first-woman-to-fly-chinas-j-10-fighter-killed-in-crash/

関連記事

ページ上部へ戻る