大西宇宙飛行士、七夕に宇宙へ! 7月7日の宇宙船打ち上げが決定

20160628oo
 
6月24日の打ち上げが延期されてた大西卓哉宇宙飛行士を含む国際宇宙ステーション(ISS)の第48次/第49次長期滞在クルーですが、新たに7月7日の10時36分(日本時間)に、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からソユーズ宇宙船によって打ち上げられることが正式に発表されました。
 
大西宇宙飛行士やロシア出身のアナトリー・イヴァニシン船長、NASAのキャスリーン・ルビンズ宇宙飛行士らは第48次/第49次長期滞在クルーとして、ISSに4ヶ月間滞在する予定です。すでに大西さんらはバイコヌール宇宙基地に移動しており、今後は搭乗する宇宙船の機内内部の確認や宇宙服の点検、打ち上げ手順の確認などを行ないます。
 
大西宇宙飛行士は以前はANA(全日本空輸)でボーイング 767の副操縦士として勤務していたこともあり、日本人初の民間航空機パイロットから宇宙飛行士へと選ばれました。また以前には宇宙ステーション補給船「こうのとり4号機」を無事にISSへと送り届けるため、宇宙飛行士と交信をおこなう「CAPCOM」の任務を担当したこともあります。
 
そしてISSへと搭乗した後、大西宇宙飛行士は日本が開発した実験モジュール「きぼう」にて、さまざまな科学実験を行う予定です。きぼうと大西宇宙飛行士によって今後どのような発見や成果が成し遂げられるのか、期待が寄せられてます。
 
Image Credit: JAXA
■国際宇宙ステーション第48/49次長期滞在クルー大西卓哉宇宙飛行士搭乗のソユーズ宇宙船(47S/MS-01)の打上げ日時の決定について
http://www.jaxa.jp/topics/2016/index_j.html

関連記事

ページ上部へ戻る