「謎の巨大な火の玉」がアメリカで目撃。その正体は…

20160519nfire2
 
火の玉と言っても人魂の類ではありません。17日(現地時間)の早朝、アメリカのメーン州のポートランドで上画像のような非常に明るい火の玉が夜空を通過するのが観測されました。その様子はまさにSF映画のワンシーンのようです…が、一体これは何だったのでしょう?
 
その正体を、アメリカの隕石協会に務めるMike Hankey氏が教えてくれました。「宇宙からは、常に地球上にデブリが降り注いでいます。そしてこのように、大きなデブリの落下は明るい光を生じるのです」。なるほど、これは宇宙から落下してきたデブリが原因だったんですね。そして付け加えて、「これは隕石ですね…それも、車ほどのサイズの大きな隕石です」。おお、それほどの大きな隕石だったとは…。これが市街地に落下しなくて良かったです。
 

 
Hankey氏によると、「これは全く無害な現象で、地球上では毎日のように起きています。しかし、実際にこのような隕石の落下を目にするのは一生に一回あるかどうかの幸運でしょう」。メーン州にお住まいの方、かなりの強運をお持ちのようです。
 
なお、こちらのアメリカ隕石協会のウェブサイトには今回の隕石の落下の様子が画像やデータ、動画でたくさん公開されています。一生に一度あるかないかの幸運を、ぜひパソコンの前でごらんください
 
Image Credit: portsmouthwebcam.com
■Spectacular Fireball Streaks Across Maine Sky
http://www.voanews.com/content/mht-huge-fireball-streaks-across-maine-sky/3334158.html

関連記事

ページ上部へ戻る