110319-F-DW942-344
 
レーザー兵器と言えばこれまではアニメや映画の世界のものでしたが、それも近いうちに現実になりそうです。海外サイトのScout Warriorによると、アメリカ空軍はC-17sやC-130などの輸送機レーザー兵器を搭載する計画があると発表しました。
 
情報によると、アメリカ空軍はレーザー兵器のプログラムを2023年までに開始し、2021年までには初テストを行なうとしています。さらに、将来的には機器のサイズを小さくすることでF-15やF-16、F-35などの戦闘機への搭載も計画しています。
 
アメリカ空軍のチーフサイエンティストのGreg Zacharias氏は、「航空機に搭載するレーザー兵器のサイズとパワーに関する研究が必要だ。また、高速で移動する戦闘機へのレーザー兵器の搭載は、チャレンジングな開発になる」と語っています。さらにレーザー兵器の搭載は燃料や兵装の搭載量、さらには高速巡航時のパフォーマンスににも影響することが予測されています。
 

 
一方、アメリカ海軍はすでに船舶へのレーザー兵器の搭載に関する実験を行っており、2020年代に実際の配備も行なわれる予定です。船から輸送機、戦闘機とサイズが小さくなるにつれてその難易度は上がりますが、圧倒的なスピードを誇るレーザー兵器は従来の兵器には無いメリットをもたらしてくれることでしょう。
 
Image Credit: DARPA
■AIR FORCE WANTS LASERS ON LARGE PLANES BY 2022
http://www.popsci.com/air-force-wants-lasers-on-large-planes-by-2022

 オススメ関連記事