IMG_0772.jpg
 
本日4月22日の夜は、こと座流星群を観察することができそうです。本日は満月の夜ですので、流星のピークの観測は難しいとのこと。しかしコニカミノルタの特設サイトによれば、22日の夜半から明け方にかけて明るい流星なら観察できるそうですよ!
 
こと座流星群は太陽を約400年周期で公転するサッチャー彗星が母天体となっています。期待できる流星の頻度は1時間に10個ほど。またこと座はおりひめ星とも呼ばれるベガ(α星)を含む北天の星座で、このベガははくちょう座のデネブ、わし座のアルタイルと一緒に夏の大三角を夜空に描きます。観察には北の空を見ましょう!
 
2016_04_22_koto1
 
さらに、本日4月22日は一風変わった「今年最少の満月」が見られます。上の画像は国立天文台による、今年の11月14日に見られる予定の今年最大の満月と最小の満月の比較です。こうしてくらべると、意外とサイズに違いがありますね!
 
なお、月のサイズは月と地球の距離によって変わってきます。遠ければ小さくて、近ければ大きい…と、これは当たり前ですね。具体的には月の公転軌道が楕円形なのと、太陽や地球との重力の影響によってその位置は毎回微妙に異なっているのです。

なお、Yahoo!天気予報によれば本日の東京の天気は晴れのち曇り。また23日の天気は曇りとなっています。こと座流星群の観察にパーフェクトな環境とはいえませんが、仕事明けの金曜日の深夜はのんびりと満月と流星群を眺めるのも良さそうですね!

Image Credit: 国立天文台、コニカミノルタ、djhm
■今年最小の満月
http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2016/04-topics03.html
■2016年4月22日(金) 4月こと座流星群
http://www.planetarium.konicaminolta.jp/starguide/hoshizora/20160422.html

 オススメ関連記事