160313npluto
 
2015年7月に冥王星に接近(フライバイ)し、さまざまな画像を撮影した無人探査機「ニュー・ホライズンズ」。そのデータは非常にゆっくりとですが、しかし確実に地球に通信で届けられています。今回NASAが公開した画像は、冥王星の南半球で撮影された「メタンの雪で覆われた山脈」です。どう見てもカカオっぽい茶色やミルクのような白色に囲まれて、不思議と食欲をそそる一枚ですね。
 
この写真は冥王星の「クトゥルフ」という地域で撮影されました。このアラスカほどの大きさのクトゥルフ地域には約260マイル(約420km)の山脈があることで知られています。冥王星の大気は90%が窒素、10%がメタンで構成されており、この山脈を覆う雪もかつては冥王星の大気に存在していたメタンだとされています。
 
ニュー・ホライズンズのサイエンスチームのJohn Stansberry氏は、冥王星の地形について以下のように解説しています。「このように山脈の頂上付近にだけメタンが存在していることは、メタンの氷が地球の大気のように振る舞い、高度の高い地点で凝縮したことを意味しています」。メタンの氷…ちょっと不味そうですね。
 
今後、ニュー・ホライズンズが撮影したデータは年内までを目処に地球に送信される予定です。最近は太陽系の惑星から外されてちょっとさみしそうな冥王星ですが、新しい発見でまた注目度が上がるといいですね!
 
Image Credit: NASA
■NASA’s New Horizons reveals snow-covered mountains on Pluto
http://www.slashgear.com/nasas-new-horizons-reveals-snow-covered-mountains-on-pluto-06430420/

 オススメ関連記事