三菱重工業は2月28日に、同社の博物館「三菱みなとみらい技術館」(横浜市西区)の航空宇宙ゾーンをリニューアルする。

展示テーマは「かつて見上げた憧れの空から、その高みの先にある宇宙を目指して!」。先ごろ初飛行を行った国産初のジェット旅客機MRJ(Mitsubishi Regional Jet)の機首・前胴部と主翼(一部)・エンジン部を実物大で再現した展示が追加される他、現在開発中のH3ロケットの模型なども公開される。

中心展示となるMRJの実物大模型では、機首・前胴部の外観と内部を紹介。客室内には実物の座席を設置し、実際の座り心地を味わえるようになっている。コックピットでは実物そっくりの操縦機器に触れながらMRJのフライトシミュレーションを体験。加えて、大幅な騒音低減と燃費性能向上を実現した米国プラット・アンド・ホイットニー社の新型ジェットエンジンの実物大展示を主翼の下に入り込んで、間近に細部まで観察することが可能となっている。

また、タッチパネル操作による「エアクラフトチャレンジ」では、航空機の機体設計、組み立て・整備、分解、工具整理をゲーム感覚で体験できる。

ロケットエンジンのコーナーでは、H-IIAおよびH-IIBロケットに搭載されているLE-7Aエンジンとその前身であるLE-7の実物展示により、エンジン技術の進化を学ぶことができ、またロケットの模型展示では、現在開発中のH3ロケットが新たに加わり、国産ロケットの歩みがよくわかるようになっている。

国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟の実物大模型展示では、スペースデブリ(宇宙のごみ)から実験棟を守る技術について紹介。内部では、ミッションスペシャリストが行うロボットアーム操作をゲーム感覚で楽しむことができる。

●場所
三菱みなとみらい技術館
〒220-8401 横浜市西区みなとみらい三丁目3番1号 三菱重工横浜ビル
JR根岸線/横浜市営地下鉄「桜木町」駅より徒歩8分

●開館時間
10時~17時まで(但し、入館は16時30分まで)

●休館日
毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始及び特定休館日

●入館料
大人 500円
中・高校生 300円
小学生 200円
団体(20名以上)は各100円引き
65才以上の方は無料 (証明書をご提示ください)
障害者の方とお付添いの方は無料(手帳をご提示ください)
小・中・高・高専・大学生の校外学習は3日前までにご予約いただくと無料

Image Credit: 三菱重工

■三菱みなとみらい技術館|お知らせ
http://www.mhi.co.jp/museum/topics/2016/0226822.html

 オススメ関連記事