宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所は3月25日まで、今年度中に打ち上げを予定している「ジオスペース探査衛星(ERG)」の応援メッセージを募集する。応募されたメッセージはアルミプレートに印刷され、バランスウェイトの一部として衛星に搭載。衛星と一緒に宇宙へ打ち上げられる。

年齢、国籍など一切不問で、誰も応募可能。メッセージは、名前を含め日本語50文字、英数字100文字(スペース含む)以内となっている。締め切りは2016年3月25日(金)正午(日本標準時)までとなっている。

ERGのプロジェクト・マネージャを務める篠原育さんは「ERG衛星とともに地球周辺の宇宙空間の最後のフロンティアであるヴァン・アレン帯の探査に出かけましょう!」と呼びかけている。

ERGは今年度中にイプシロン・ロケットでの打ち上げが予定されている衛星で、地球の周りにドーナッツ状に広がる高エネルギー粒子が集まる領域「ヴァン・アレン帯」の観測を目的としている。

ヴァン・アレン帯は、太陽の活動に応じて(とくに宇宙嵐の発生時には)激しく変動することが知られている。しかし、ヴァン・アレン帯に存在する大量の高エネルギー粒子は、人工衛星に搭載される電子機器に障害を起こす原因となったり、科学観測そのものの妨げとなったりすることから、ヴァン・アレン帯の中心部を精密に観測することは困難だった。そのため、いつ・どこで・どのように高エネルギー粒子が生まれたり、失われたりするのかは、ヴァン・アレン帯発見以来、半世紀以上の謎となっている。

ジオスペース探査衛星(ERG衛星)は、この謎に挑むために、人工衛星にとってはとても過酷なヴァン・アレン帯中心部に長時間滞在し、9つの世界最先端レベルの観測機器によってヴァン・アレン帯の探査を実施する。ヴァン・アレン帯は高度約2万kmを中心に幅広い高度に分布しているために、ERG衛星は遠地点高度約3万km、近地点高度約3百kmの長楕円軌道をとり、約9時間周期で地球を周回しながらヴァン・アレン帯の観測を行う予定となっている。

Image Credit: JAXA

■ISAS | ERG衛星にあなたの応援メッセージを載せよう!
http://www.isas.jaxa.jp/j/enterp/missions/erg/message/index.shtml

 オススメ関連記事