旅客機でのリチウムイオンバッテリーの預け入れ、4月1日より禁止になります


国際機関はリチウムイオンバッテリーの貨物室持ち込み禁止を発表した
 
飛行機の貨物室での火災事故など、相次いでトラブルが報告されているリチウムイオンバッテリー。リチウムイオンバッテリー自体はスマートフォンやデジタルカメラ、それにモバイルバッテリーなどに利用されているありふれたものなんですが、とうとうICAO(国際民間航空機関)は2月22日に「旅客機における貨物室内でのリチウムイオンバッテリーの運送の禁止」を発表しました。
 
これまでも、貨物室内(預かり荷物)へのリチウムイオンバッテリーの持ち込みには制限がくわえられてきました。例えばJALやANAのホームページを見ると、電子機器本体に内蔵されたものは問題ありませんが、予備電池(リチウムイオンバッテリー単体)に関しては受託が不可能となっています。
 
今回の「リチウムイオンバッテリーの貨物室内の持ち込み禁止」は2016年4月1日から有効となり、2018年までの暫定的な方針となります。今後はノートパソコンやスマートフォン、それにデジカメの予備バッテリーやモバイルバッテリーは「手荷物での機内持ち込み」が必須になる様相です。
 
Image Credit: academic.ru
■ICAO COUNCIL PROHIBITS LITHIUM-ION CARGO SHIPMENTS ON PASSENGER AIRCRAFT
http://www.icao.int/Newsroom/NewsDoc2016/COM.01.16.EN.pdf

ページ上部へ戻る