映画の警備にドローンが利用される
 
来年末に公開予定の「スター・ウォーズ エピソード8」。その内容も気になるところですが、テクノロジー的な視点から見ても興味深い情報が報じられています。なんと、映画を撮影するディズニーは映画の秘密を守るためにドローン部隊を配置するというのです。
 
映画の撮影は来月より、クロアチアのドゥブロヴニクで行なわれます。ここは著名な観光地で、映画の秘密を守るには厳重な警備が必要です。さらに、最近はカメラを搭載したドローンが広く販売されており、このようなドローンによる盗撮を従来の警備で防ぐのは困難。そのため、ドローン部隊による警備が行なわれるというのです。
 
実は、前作の「スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」ではドローンによる盗撮で撮影現場が流出してしまったという苦い経験もあります。ドローンによるドローンの警備というと、日本の警視庁が昨年末に発表した「ドローンの捕獲ドローン」が思い出されますが、今回の警備ではどのようなドローンが利用されるのでしょうか。映画の撮影が終わったら、一度見てみたいですね。
 
Image Credit: The Next Web
■Disney deploys drone army to protect Star Wars Episode VIII film set
http://thenextweb.com/insider/2016/02/22/disney-deploys-drone-army-to-protect-star-wars-episode-viii-film-set/#gref

 オススメ関連記事