0201UMIGAME

三菱重工業は2月11日に、三菱みなとみらい技術館(横浜市)において理科授業「ロケット打上げとウミガメのつながり~種子島のアカウミガメ保全調査と生物多様性~」を開催する。

講師に、種子島でのアカウミガメ保全調査の主任研究者であり、国際自然保護連合(IUCN)種の保存委員会副議長としてアカウミガメの絶滅危険度の評価にも携わる松沢慶将先生を招き、ウミガメの生態と産卵の神秘、絶滅危惧種の決め方、そして米航空宇宙(NASA)によるウミガメ保全の取組みに至るまで話をいただくという。

同社のロケットは、日本最大のロケット発射場である種子島宇宙センターより打ち上げられている。種子島宇宙センターは、青い海と白い砂浜に囲まれていることから「世界一美しいロケット発射場」と呼ばれており、この島の海岸は絶滅が危惧されるアカウミガメの貴重な産卵場所となっている。三菱重工グループでは、生物多様性の保全を目的として、2015年の6月末と7月頭に種子島でのアカウミガメ保全調査の支援を行っている。

●開催概要

三菱重工グループは、2016年2月11日(木曜日・祝日)、ウミガメ研究で有名な松沢慶将先生を講師に招き、横浜市にある三菱みなとみらい技術館で理科授業「ロケット打上げとウミガメのつながり~種子島のアカウミガメ保全調査と生物多様性~」を開催します。

小学生から一般の方まで無料でご参加いただけます。

当社グループのロケットは、日本最大のロケット発射場である種子島宇宙センターより打上げています。種子島宇宙センターは、青い海と白い砂浜に囲まれていることから「世界一美しいロケット発射場」と呼ばれており、この島の海岸は絶滅が危惧されるアカウミガメの貴重な産卵場所となっています。当社グループでは、生物多様性の保全を目的として、2015年の6月末と7月頭に種子島でのアカウミガメ保全調査の支援を行いました。

今回の理科授業に講師としてお招きするのは、その保全調査の主任研究者であり、IUCN(International Union for Conservation of Nature and Natural Resources/国際自然保護連合)種の保存委員会Marine Turtle Specialist Group副議長としてアカウミガメの絶滅危険度の評価にも携わる松沢先生です。ウミガメの生態と産卵の神秘、絶滅危惧種の決め方、そしてNASA(National Aeronautics and Space Administration)によるウミガメ保全の取組みに至るまで、じっくりお話いただきます。

下記詳細をご確認の上、是非お申込みください

●開催日時

2016年2月11日(木曜日・祝日)
・1回目/10時30分~12時00分【定員に達した為、申込受付終了しました】
・2回目/14時00分~15時30分

●会場

三菱みなとみらい技術館
〒220-8401 横浜市西区みなとみらい三丁目3番1号 三菱重工横浜ビル

●定員

各60名(先着事前申込制)

●対象

1回目/小学生の方、 2回目/一般の方(中高生含む)

●申し込み

公式ページより申し込みが必要。

※その他、詳細は公式サイトをご覧ください。
※記事掲載後、定員に達したなどの理由で受け付け終了となることもございますので、ご注意ください。
※本記事は開催の告知が行われた時点で掲載しております。その後、イベントの日時やプログラムなどの詳細が変更となることもございますので、ご注意ください。

Image Credit: 三菱みなとみらい技術館/三菱重工

■三菱重工|理科授業「ロケット打上げとウミガメのつながり」を開催します
http://www.mhi.co.jp/news/story/csr160105.html

 オススメ関連記事