米スペースX社は1月18日(日本時間)に、地球観測衛星「ジェイソン3」を搭載した「ファルコン9」ロケットを打ち上げる。今回の打ち上げでは海上に浮かべた船の上に着地することに挑む。

12日には打ち上げ前に必要な試験を終え、衛星が搭載された後、発射台へと運ばれ、打ち上げに向けた最後の準備作業が続いている。

同ロケットの打ち上げ日時は現時点で、太平洋標準時1月17日10時42分18秒(日本時間1月18日3時42分18秒)に設定されている。打ち上げは米カリフォーニア州にあるヴァンデンバーグ空軍基地から実施される。

天候も現時点では問題なく、100%の確率で打ち上げに適した好天になると予報されている。

ファルコン9は前回、昨年末に行われた打ち上げで、第1段機体を発射台に程近い地上に着陸させることに成功しているが、今回は海上に浮かべた船の上に降ろすことが計画されている。

この場合、設備の整った地上施設ですぐに点検や修理などができるという利点はあるものの、第1段機体は第2段との分離後、上空で反転し、それまで飛んできた飛行経路を戻るようにして飛ぶ必要があり、その分多くの推進剤を積まなくてはならない。

しかし、分離後の機体が落ちていく先に回収用の船を配備しておけば、着地・回収に必要な推進剤は少なくて済み、その分打ち上げ能力の向上に充てることができる。また船自体に点検や修理のための設備を積んでおけば、陸まで戻る時間で整備を行ったり、そのまま船上から再打ち上げを行うことも可能になる。

同社では、海上のある地点にとどまり続けることができる無人の船(ドローン船)を建造し、すでに運用している。昨年1月と4月には実際にその船への着地にも挑んでいるが、船のすぐ真上にまでたどり着くことはできたものの、着地そのものには失敗している。

スペースXはロケットの低コスト化を狙い、機体を再使用するための開発や試験を数年前から続けている。

Image Credit: SpaceX

■SpaceX | Webcast
http://www.spacex.com/webcast/

 オススメ関連記事