160108nehang1
一人乗りのドローン「Ehang 184」
 
現在ラスベガスで開催中のCES 2016で一番の注目を集めるのは、このドローンかもしれません。中国企業のEhangが公開したドローン「Ehang 184」は一人を乗せての飛行が可能。しかも自動運転機能のおかげで自分で運転する必要がないという、まさにエポックメイキングな乗り物なんです。
 
Ehang 184は8つで合計142馬力の電動モーターを搭載し、平均時速100km/hで23分間飛行することができます。本体は200kgと軽量で、折りたためば全長が5.5m程度にまで小さくなります。搭乗できるのは体重120kgまでのパイロット。充電時間は2時間~4時間となっており、目的地まで飛んでいって現地で充電し、そのまま帰ってくるといった使い方もできそうです。
 
そして素晴らしいことに、Ehang 184はすべての機能をモバイル向けアプリからコントロールできます。実際の運転では「離陸」「着陸」程度の簡単な操作で十分とのことです。また、目的地をセットすれば自動運転でパイロットをはこんでくれます。

160108nehang
本体は軽量で高速飛行が可能

本体はカーボンファイバーやエキポシの複合素材。客室にはシートとコントロールパッド、エアコン、ライトを搭載。外部にはプロペラに4つのライト、シグナル用のライト、カメラ、ヘッドライトを搭載。またトランクもあります。万が一機体の一部が壊れても墜落することはなく、すみやかに安全な場所に着陸します。
 
気になる価格ですが、1台あたり20万ドル~30万ドル(約2400万円~3500万円)になる予定です。ん、意外と安いかも? また、登場時期はまだはっきりとしていません。ただ残念なことに、Ehang 184には法的な問題があります。自動車の自動運転ですら各国で法整備を進めている最中ですから、自動飛行ができるドローンとなればそのハードルはさらに高そうです。
 
ちなみに、このEhang 184という名前は「1人乗り、8つのプロペラ、4つのアーム」が由来。それにしても、まだ発展途中のドローンの潜在能力には驚かされます。もしかしたら未来の個人用の乗り物は自動運転の車ではなく、自動運転のドローンなのかもしれませんね。
 
Image Credit: PC WorldEhang
■EHANG
http://www.ehang.com/ehang184/
■The Ehang 184 is a single-passenger drone that transports people (yes, people) at 11,000 feet
http://www.pcworld.com/article/3019704/consumer-electronics/the-ehang-184-is-a-single-passenger-drone-that-transports-people-yes-people-at-11-000-feet.html

 オススメ関連記事