中国人民解放軍、「ロケット軍」や「戦略支援部隊」などを創設

0105pla

中国人民解放軍は2015年12月31日、新たに「ロケット軍(火箭軍)」や「戦略支援部隊」を創設したと発表した。

ロケット軍は第二砲兵部隊を改称したもので、核弾頭や通常弾頭を搭載した弾道ミサイルや巡航ミサイルの運用を行うものとされる。また部隊から軍へと格上げされた背景には、各戦力の増強を図る意図があるとみられる。

戦略支援部隊はサイバー戦のほか、軍事衛星の運用や利用などを行う部隊であるとみられている。米国でも空軍、海軍や国家偵察局が軍事衛星を運用しており、ロシアも航空宇宙軍が運用を担っており、中国もこれらと同等の宇宙戦力を獲得、展開する意図があるとみられる。

また、同時に「陸軍指導機構」も新設。これまで人民解放軍は陸軍が主体となっていたが、他の海軍や空軍などと同等の扱いにする意図があるものとみられている。

同日には北京にある人民解放軍の施設「八一大楼」で発足の記念式典も開催され、習近平国家主席も出席し、各司令官などの任命や演説を実施した。

Image Credit: 中華人民共和国国防部

■习近平向中国人民解放军陆军火箭军战略支援部队授予军旗并致训词 ——国防部网站
http://www.mod.gov.cn/photo/2016-01/01/content_4634906.htm

関連記事

ページ上部へ戻る