160105ndisco1
Parrotはユニークな飛行機型ドローンを発表した
 
ドローンメーカーとしても人気の高いParrotは2016年1月5日、飛行機型の新型ドローン「Parrot DISCO」を発表しました。現在多くのドローンは地面に水平なプロペラでヘリコプターのように飛びますが、Parrot DISCOは進行方向を向いたプロペラと2つの固定翼で飛行します。
 
Parrotによると、Parrot DISCOは各種センサー(加速度計、ジャイロスコープ、磁気センサー、気圧計、ピトー管、GPS)を利用することで自動操縦が可能となっており、誰でも簡単に飛ばせる世界初の飛行機型ドローンなんだそうです。
 
[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=imtqooJj0I4[/youtube]
 
その飛ばし方はユニークで、ドローンの頭を掴んで放り投げることで飛行が開始します。するとParrot DISCOは必要な高度まで飛び上がり、ユーザーの操作を空中で待ちます。また自動操縦機能のおかげで「操作はビデオゲームのように簡単」なんだそうです。
 
重量は700gで最高80km/h、最大45分の飛行が可能となっており、一般的なドローンを大きく上回る飛行性能を達成しています。これはParrot DISCOが固定翼を採用したことにより、プロペラの推進力を効率よく利用できるためです。操作は専用のコントローラーやスマートフォンのアプリで行ないます。また飛行プランを指示して、自動で飛ばすことも可能です。
 
160105ndisco2
翼は取り外しも可能
 
翼は取り外しが可能。持ち運びにも便利です。本体先端には1400万画素カメラを搭載し、3軸のスタビライゼーション機能も利用できます。またVRゴーグルを利用して、まるで自分が空を飛んでいるようなFPV(ファースト・パーソン・ビュー)を味わうこともできます。
 
このように素晴らしい飛行性能を達成したParrot DISCOですが、唯一気になるのが「飛行には広いスペースが必要なのではないか」という点。Parrotはこの点についてはまだ説明を行なっていません。
 
Parrot DISCOは現時点では価格は未発表で、発売時期は2016年となっています。
 
Image Credit: YouTube 1,2
■Parrot’s new Disco drone ditches quadcopter design for a fixed-wing aircraft
http://www.theverge.com/2016/1/4/10711178/new-parrot-disco-drone-announced-ces-2016

 オススメ関連記事