0904soyuz-tma-18m

ロシアとデンマーク、カザフスタンの宇宙飛行士3人を乗せた「ソユーズTMA-18M」宇宙船が、9月4に国際宇宙ステーション(ISS)に到着した。これによりISSは一時的に、通常よりも多い9人体制での運用が始まる。

ソユーズTMA-18MはソユーズFGロケットに載り、2015年9月2日13時37分(日本時間、以下同)に、カザフスタン共和国にあるバイコヌール宇宙基地の第1発射台、通称「ガガーリン発射台」から打ち上げられた。宇宙船は無事に地球をまわる軌道に乗り、宇宙飛行士の状態も正常で、単独飛行に入った。

ここ最近のソユーズ宇宙船の打ち上げでは、ISS到着まで約6時間しかかからない、「特急」の飛行経路がとられていたが、今回はISSの軌道の関係から、以前のように2日間かかる経路がとられた。

9月2日にはISSに接近するため、2回の軌道変更が行われた。その中で、日本が1989年に打ち上げたロケットの第3段機体と接近することが判明し、急きょ、9月3日14時40分に追加の軌道修正が実施された。

それ以外は順調に飛行を続け、徐々にISSに接近し、そして9月4日16時39分にISSの「ポーイスク」モジュール(MRM2)にドッキングした。

ソユーズTMA-18Mには、ソユーズTMA-18Mには、ロシア連邦宇宙庁のセルゲイ・ヴォルコフ宇宙飛行士(ソユーズのコマンダー)と、欧州宇宙機関(ESA)のアンドレアス・モーゲンセン宇宙飛行士(フライト・エンジニア)、カザフスタン宇宙庁のアイディン・アイムベトフ宇宙飛行士(フライト・エンジニア)の、3人の宇宙飛行士が搭乗している。

このあとソユーズとISSとの間にあるハッチが開かれ、ISSに入室することになっている。

ヴォルコフ飛行士は、第45/46次長期滞在員として、ISSに約6か月間にわたって長期滞在する。

一方、モーゲンセン飛行士とアイムベトフ飛行士は、8日間のみの短期滞在となる。ISSは通常、3人~6人体制で運用されているが、彼らが搭乗している間は一時的に9人体制となる。

モーゲンセン飛行士とアイムベトフ飛行士の2人は、現在ISSに第43/44次長期滞在員として滞在中のゲナディ・パダルカ宇宙飛行士と共に、すでにISSに停泊しているソユーズTMA-16M宇宙船に乗って、9月12日に帰還することになっている。

またヴォルコフ飛行士は2016年3月ごろに、今年の3月からISSに滞在しているスコット・ケリー、ミカエル・コニエンコ両宇宙飛行士と共に、往路と同じソユーズTMA-18Mで地球に帰還する予定となっている。

ソユーズTMA-18Mには当初、英国人歌手のサラ・ブライトマンさんが搭乗する予定だったが、今年5月に家庭の事情により延期を決定。またブライトマンさんのバック・アップ・クルーとして訓練していた日本人の高松聡さんも、今年6月に、より準備が必要であるためとして、ソユーズTMA-18Mではなく、より将来の飛行機会を待つことにしたと発表。それにより、カザフスタン宇宙庁のアイムベトフ宇宙飛行士が搭乗することになった。

現在のISSの滞在員
第43/44/45/46次長期滞在員(2015年3月23日~2016年3月)
・スコット・ケリー(NASA)
・ミカエル・コニエンコ(ロスコスモス)

第43/44次長期滞在員(2015年3月28日~9月12日)
・ゲナディ・パダルカ(ロスコスモス、現ISSコマンダー)

第44/45次長期滞在員(2015年7月23日~12月)
・オレッグ・コノネンコ(ロスコスモス)
・チェル・リングリン(NASA)
・油井亀美也(JAXA)

第45/46次長期滞在員(2015年9月2日~2016年3月)
・セルゲイ・ヴォルコフ(ロスコスモス)

短期滞在員(2015年9月2日~9月12日)
・アンドレアス・モーゲンセン(ESA)
・アイディン・アイムベトフ(カザフスタン宇宙庁)

■РОСКОСМОС: ПИЛОТИРУЕМЫЙ КОРАБЛЬ «СОЮЗ ТМА-18М» УСПЕШНО ПРИСТЫКОВАЛСЯ К МКС
http://www.roscosmos.ru/21701/

Image Credit: NASA

 オススメ関連記事