ロシアの新型補給船「プログレスMS」、打ち上げ成功 23日にISSとドッキング

Sponsored Link

1222progress-ms

ロシア連邦宇宙庁は2015年12月21日17時44分(日本時間)、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を送り届ける「プログレスMS」補給船を搭載した「ソユーズ2.1a」ロケットを、カザフスタン共和国にあるバイコヌール宇宙基地から打ち上げた。

ロケットは順調に飛行し、打ち上げから約9分後に軌道に投入した。プログレスMSはこのあと単独飛行を続け、23日19時31分ごろにISSの「ピールス」にドッキングする予定となっている。

data-full-width-responsive="false">

プログレスMSは、ISSに補給するための水や食料、生活必需品、酸素や燃料、ISSの部品など、合計約2.5トンが搭載されている。

プログレスMSはロシアが新たに開発した補給船で、今回が初飛行となる。外観は前のプログレスM-M型と変わらないものの、ランデヴー・ドッキング・システムが新しくなっているほか、通信や航法装置の更新やデブリ・シールドの強化、超小型衛星搭載用のコンテナーの追加など、大きく改良されている。

また、これらの改良点のうちの多くは有人の「ソユーズ」宇宙船にも導入され、「ソユーズMS」として開発が進められている。「ソユーズMS」の初打ち上げは2016年3月ごろに予定されている。

Image Credit: Roskosmos

■РОСКОСМОС. РН «СОЮЗ-2.1А» С ТГК «ПРОГРЕСС МС-01» УСПЕШНО СТАРТОВАЛА С БАЙКОНУРА
http://www.federalspace.ru/21911/

ページ上部へ戻る