「ソユーズTMA-19M」宇宙船、ISSに到着 自動システムにトラブル、手動でドッキング

1216soyuz-tma-19m

ロシア連邦宇宙庁は2015年12月15日、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する新しい3人の宇宙飛行士を乗せた「ソユーズTMA-19M」宇宙船を打ち上げた。

ソユーズTMA-19Mを搭載したソユーズFGロケットは、2015年12月15日20時3分(日本時間)にカザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。ロケットは順調に飛行し、予定していた軌道にソユーズを投入した。

その後、16日2時24分ごろにISSにドッキングする予定だったが、直前になり自動ランデヴー・ドッキング・システム「クールス」が何らかの理由で停止。安全のためISSから100mほど離れることになった。その後、ソユーズのコマンダーを務めるユーリ・マレンチェンコ宇宙飛行士が手動で操縦し、トラブルから約10分後にドッキングに成功した。

トラブルの原因については発表されていないが、タス通信などによると、先にISSに係留されていた米国の「シグナス」補給船と通信が混信したこと、もしくはソユーズの姿勢制御スラスターに問題があるとクールスが判断したことが原因として挙げられている。

ソユーズTMA-19Mにはマレンチェンコさんの他、ティモシー・コプラさん、ティモシー・ピークさんの3人の宇宙飛行士が搭乗していた。

マレンチェンコさんはロシア連邦宇宙庁所属の宇宙飛行士で、今回が6度目の宇宙飛行。今回のソユーズではコマンダーを務める。コプラさんは米航空宇宙局(NASA)所属の宇宙飛行士で、今回が2度目の飛行。ソユーズではフライト・エンジニアを務める。ピークさんは欧州宇宙機関(ESA)所属の宇宙飛行士で、今回が初飛行。ソユーズではフライト・エンジニアを務める。

この3人は第46/第47次長期滞在員として、2016年6月までISSに滞在することになっている。

Image Credit: NASA

■ЦУП. ТПК «СОЮЗ ТМА-19М» ПРИСТЫКОВАЛСЯ К МКС
http://www.federalspace.ru/21895/

ページ上部へ戻る