151207nsun1

 
最近は小惑星探査機「はやぶさ2」や金星探査機「あかつき」のニュースが世間を賑わせていますが、宇宙で活躍している探査機はそれだけではありません。NASAは太陽探査機「SOHO(Solar and Heliospheric Observatory)」の20歳の誕生日を記念して、同探査機が撮影してきた美しい太陽の写真コンテストを行なっています。

たとえば上の真緑の太陽は、2003年に撮影された史上最大のフレアをとらえたもの。まるで太陽から日が昇っているような、すさまじい閃光です。
 

151207nsun2

 
一方こちらは2013年に撮影された、迫力のコロナホール(太陽表面の自由電子のガス層が薄い地区)。撮影は紫外線カメラで行なわれました。太陽表面がこんなに荒れ狂う嵐のようになっているなんて…おそろしい。
 

151207nsun3


そしてこちらの燃え盛る太陽は、2003年に撮影された2つの巨大なプロミネンス(太陽の大気層がコロナを飛び出したもの)をとらえたもの。まるで太陽の噴火です。また、このプロミネンスは皆既日食の際に肉眼で観測できることもあります。
 

151207nsun4
 
うって変わってこちらの鮮やかな青い太陽は、2000年に観測されたコロナ質量放出(CME:太陽から惑星間空間内へのプラズマ放出)です。見た目は綺麗ですが、宇宙飛行士や飛行機のパイロットにも影響をおよぼす恐ろしい現象です。

NASAではこの他にもたくさんのSOHOで撮影した太陽画像を公開し、投票を募っています。普段は知らなかった太陽の意外な素顔を一挙に見られるチャンスですよ!
 
Image Credit: NASA
■SOHO’s Birthday Image Contest
http://soho.nascom.nasa.gov/ImageContest/contest.html

 オススメ関連記事