要チェック! ドローンの新飛行ルールが12月10日から始まります


151207nrule1

 
多発するドローンによる事故や事件を防ぎ、安全なドローン利用を促進するための「ドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルール」が、12月10日から施行されます。内容としては空港周辺や人口密集地、高高度での利用を原則禁止するというもの。また航空法に定められたルールに違反した場合は、50万円の罰金が課せられる場合もあります。施行日前までに新ルールをきちんと確認しておきましょう。
 

飛ばしてはいけない空域
 

151207nrule2
 

まず、空港周辺や150m以上の上空、あるいは人家の密集地域ではドローンを飛ばしてはいけません。ドローンと航空機のニアミスは重大な事故を引き起こしかねませんし、また人家の多い場所でも万が一ドローンが落下した場合には人や物を傷つける場合があります。

もしこのような地域でドローンを飛行させる場合には、国土交通大臣による許可が必要です。
 

飛行の際の注意
 

151207nrule3

 
また飛行が許可されている地域であっても、上記のような注意事項があります。

例えば日中で目の届く範囲、また人や建物から30m以上離れた場合でのドローンの利用はOK。しかし、人が集まるイベントでの飛行やドローンからの物の落下、また危険物の搭載は禁止されています。これらの禁止事項に該当する飛行を行なう場合には、やはり許可が必要です。
 

規制内容を見ると、安全のためには仕方ないかな…とも思えます。しかし、今まで自由気ままにドローンを飛ばしていたのと比べると、だいぶ状況は変わりそうです。

国土交通省では11月17日から、許可などの事前受付を開始しています。きちんと周囲と利用者の安全を確保して、楽しくドローンを利用していきたいですね!

Image Credit: Digital News Asia国土交通省
■無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

ページ上部へ戻る