1206apollo-16

米航空宇宙局(NASA)は2015年12月3日、月を周回中の探査機「ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)」を使い、1972年に「アポロ16」を打ち上げた巨大ロケット「サターンV」の第3段機体「S-IVB」が月面に衝突した痕跡を発見したと発表した。

アポロ16は1972年4月16日、ジョン・ヤング、チャールズ・デューク、ケン・マッティングリーの3人の宇宙飛行士を乗せて打ち上げられた。宇宙船と彼らを搭載したサターンVロケットは、まず地球低軌道に乗り、続いてS-IVBのロケット・エンジンを再度点火し、宇宙船を月へと向かう遷移軌道に乗せた。

その一方で、アポロ計画では13から17まで、このS-IVBを月面にぶつけ、その衝撃を月に設置した地震計で観測し、月の内部構造を調べるという実験が行われていた。LROはこれまでに、アポロ16以外のS-IVBの衝突痕は発見していたが、アポロ16を打ち上げたS-IVBは、衝突までに地球との通信が切れてしまったことで、衝突地点がどこなのかは正確にはわかっておらず、発見までに時間がかかることになった。

今回発見されたのは、コペルニクス・クレーターから南西に260km行ったところにある島の海と呼ばれる領域で、衝突地点は40 x 30mの楕円形のクレーターになっている。これまでの推定から30kmほどずれており、そのため発見に時間がかかったのだという。

Image Credit: NASA/Goddard/Arizona State University

■Apollo 16 Booster Rocket Impact Site Found | NASA
http://www.nasa.gov/image-feature/goddard/lro-finds-apollo-16-booster-rocket-impact-site

 オススメ関連記事