帰還前倒しでちょっとショック!? 油井宇宙飛行士ら乗せた「ソユーズTMA-17M」宇宙船、12月11日に帰還へ

1125soyuz-tma-17m

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2015年11月24日、現在国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している油井亀美也宇宙飛行士ら3人を乗せた「ソユーズTMA-17M」宇宙船の帰還日時について、2015年12月11日22時10分ごろ(日本時間)になると発表した。

これはソユーズTMA-17Mの帰還に関する準備状況を確認する国際間調整において合意されたもので、最終決定は帰還予定日の数日前に開催される飛行準備審査会で行われることになっている。

data-full-width-responsive="false">

ソユーズTMA-17Mは当初、12月22日に帰還することが計画されていたが、11月に予定されていたプログレス補給船の打ち上げが12月に延期となったことで、運用スケジュールが逼迫することから、ソユーズTMA-17Mの帰還日を前倒しすることが検討されていた。

ソユーズTMA-17Mは今年7月23日、オレッグ・コノネンコ宇宙飛行士(露宇宙庁、ソユーズのコマンダー)、油井亀美也宇宙飛行士(JAXA、フライト・エンジニア)、チェル・リングリン宇宙飛行士(NASA、フライト・エンジニア)の3人を乗せて打ち上げられた。帰還時もこの3人が搭乗する。

Image Credit: NASA

■油井亀美也宇宙飛行士が搭乗するソユーズ宇宙船(43S/TMA-17M)の 帰還予定日時について – 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター – JAXA
http://iss.jaxa.jp/topics/2015/11/151124_notice.html

ページ上部へ戻る