中国とラオスの共同作業! 長征三号乙ロケット、通信衛星「ラオス一号」の打ち上げに成功

1122cz-3b

中華人民共和国(中国)は2015年11月21日1時7分(日本時間)、ラオス人民民主共和国の通信衛星「ラオス一号」を搭載した「長征三号乙」ロケットを、西昌衛星発射センターから打ち上げた。

中国政府、国営メディアなどは打ち上げは成功したと発表。また、米軍も衛星が軌道に乗っていることを確認している。

衛星は現在、近地点高度189km、遠地点高度4万1779km、軌道傾斜角18.38度の静止トランスファー軌道に乗っている。今後、衛星側のエンジンを使い、東経128.5度の静止軌道に乗り移る予定となっている。

ラオス一号は、中国空間技術研究院がラオス向けに製造した通信衛星で、設計寿命は15年が予定されている。中国は衛星の製造から試験、打ち上げ、軌道投入までを担い、軌道上で衛星をラオスに引き渡す形となっている。

衛星バスには「東方紅3」の改良型である「東方紅3B」が使われている。3Bの使用はラオス一号が初のこととなった。

Image Credit: 中央政府门户网站

■我国成功发射“老挝一号”通信卫星_图片_新闻_中国政府网
http://www.gov.cn/xinwen/2015-11/21/content_2969648.htm

ページ上部へ戻る