1116wt1190f

アブ・ダビのIAC(International Astronomical Center)は2015年11月13日、この日地球に落下した天体「WT1190F」の、大気圏突入時の様子を捉えた動画をYouTubeで公開した。

WT1190Fは今年10月3日に発見された天体で、発見当時、地球の重心から最も近い点(近地点)5732km、最も遠い点(遠地点)60万7773kmの、地球の衛星軌道を周回していた。大きさは2mほどと推定されている。また軌道の分析により、自然の天体としては密度が小さいことが判明しており、過去に月や惑星に向けて探査機を打ち上げたロケットの、タンクやパネルといった人工物ではないかと考えられている。

WT1190Fは15時18分ごろ(日本時間)に、スリ・ランカの南のインド洋上で大気圏に突入。ほとんどは燃え尽きたと考えられており、またこれまでのところ、地上への被害も報告されていない。

月遷移軌道から人工物と思われる天体が落下することは珍しく、またその軌道や突入日時が事前にわかることもきわめて稀なため、この天体の追跡と観測にNASAや欧州、アラブ首長国連邦などの大学や研究機関などが共同観測に挑んだ。

観測で得られた映像やデータは、将来の小惑星や、スペース・デブリ(宇宙ゴミ)の大気圏突入時の動きを予測を改善することなどに役立てられる。

Image Credit: IAC/UAE/NASA/ESA

■WT1190F Reentry on 13 November 2015 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=YJT-q8_dl88&feature=youtu.be

 オススメ関連記事