1114naoj

国立天文台は2015年12月12日の夜から16日朝までの期間に「ふたご座流星群を眺めよう 2015」キャンペーンを実施する。

このキャンペーンは、期間内に夜空を観察し、流星がいくつ見えたかを、インターネットを通して国立天文台に報告することを目的としたもの。

毎年12月中旬は、ふたご座流星群が活動する時期にあたる。国立天文台によると、とりわけ今年(2015年)のふたご座流星群は絶好の条件になりそうだろという。11日が新月のため月明かりの影響はほぼなく、流星群の活動が最も活発になるのが15日の午前3時頃と予想されていて、日本での観察にたいへん適している。

このように2つのよい条件がそろうため、今年のふたご座流星群は前後10年ほどの間でも最もよい条件で観察することができるという。

また国立天文台の特設サイトでは観察・報告の詳しい手順や、ふたご座流星群の流星かそうでないかの区別のしかたなどの解説、ふたご座流星群を観察する際の要点なども紹介されている。

※キャンペーンの詳細は公式サイトをご覧ください。

Image Credit: 国立天文台

■ふたご座流星群を観察・報告するキャンペーン、2015年12月12日から | 国立天文台(NAOJ)
http://www.nao.ac.jp/news/topics/2015/20151105-geminids.html

 オススメ関連記事