1106nh-trajectory-to-kb

米航空宇宙局(NASA)は2015年11月6日、先ごろ冥王星を探査した探査機「ニュー・ホライズンズ」の、次の目的地の候補である天体に向けた軌道修正を完了したと発表した。

軌道修正は4回に分けて行われ、10月22日、25日、28日を経て、11月4日13時15分(米東部標準時)に最後となる4回目のエンジン噴射が行われた。噴射は20分近く続き、正常に完了した。その後、探査機から送られてきたデータから、計画通りの軌道に乗っていることが確認されている。

ニュー・ホライズンズの次の目的地の候補は、海王星の軌道より外側の、黄道面に広がるエッジワース・カイパーベルト天体のうちのひとつ、「2014 MU69」と呼ばれる天体である。

今回の軌道修正で、ニュー・ホライズンズは2016年1月に2014 MU69に最接近し、観測ができる軌道に乗った。

しかし、現時点ではまだ2014 MU69を探査することは正式に決定されておらず、2016年に計画が認められ、予算がつくかにどうかにかかっている。一方で、2014 MU69に向かうための軌道修正は、2016年の決定を待っていては間に合わないため、前倒しで行われることになった。

Image Credit: NASA

■New Horizons Completes Record-Setting Kuiper Belt Targeting Maneuvers | NASA
http://www.nasa.gov/feature/nasa-s-new-horizons-completes-record-setting-kuiper-belt-targeting-maneuvers

 オススメ関連記事