1103skylon

 スペースプレーン「スカイロン」の開発を進めている英国のリアクション・エンジンズ社は2015年11月2日、英国の防衛・航空宇宙機器大手BAEシステムズ社との間で、スカイロンのエンジン開発で協力することを発表した。

 BAEシステムズ社はリアクション・エンジンズ社の株の20%を取得、また同社に対して2060万ポンドを投資するという。

 スカイロンは、飛行機のように離陸し、宇宙空間で活動した後、飛行機のように着陸。再整備の後、ふたたび飛び立つことができる、単段式の宇宙往還機(スペースプレーン)を目指して開発が進められている。その要となるのが、「セイバー」と呼ばれる複合サイクルのエンジンである。セイバーは、単一のエンジンながら、マッハ5まではジェット・エンジン・モードで、その後はロケット・エンジン・モードに切り替えて動かすことができる。

 初飛行は2020年代ごろを目指しており、人工衛星の打ち上げや、宇宙ステーションの建設や物資補給、宇宙旅行などへの利用が見込まれている。

Image Credit: Reaction Engines Ltd

■Reaction Engines Ltd – News: 02 November 2015
http://www.reactionengines.co.uk/news_02nov2015_rel_bae_3141.html

 オススメ関連記事