151215ntiba
Amazonが実験中の配送ドローン
 
政府が先月発表した、「国内で早くて3年以内にドローン配送を実現する」という計画。早くもその計画が実現しそうです。朝日新聞は2015年12月15日、政府が千葉市をドローン配送の国家戦略特区に指定したと報じました! しかも、あのアマゾンも配送事業に参入するというのです。もしこの計画が実現すれば、なんと世界初なのだとか! 今、まさに千葉の時代がきています。
 
今回の計画では、約10km離れた倉庫からマンション近くの荷物の集積場にドローンで荷物を運ぶ計画です。また、ドラッグスアからベランダに直接薬や日用品を届ける計画も! 実験は幕張新都心のマンション周辺で行なわれるそうですが、マンションの住民さんが羨ましい!

現状では航空法、及びドローン飛行に関する新ルールによって、許可なくドローンを150m以上の高度で飛ばすことはできません。しかし今回、千葉市においてこの規制を緩和。ドローンによる配送の新たな可能性を探ります。一体どのようにしてドローンをコントロールするのか気になりますが、きっと今回の特区ではさまざまな方法がテストされることでしょう。

ドローンによる配送はこれまでも指摘されていたように、配送時間を減らしたりコストを削減したりすることができます。ベランダにドローンが荷物を持ってふわっとやってきたら最初はかなり驚きそうですが、そのうちそれも当たり前の光景になるのかもしれません。これこそ、まさに未来のインフラって感じですね。
 
Image Credit: Amazon
■世界初ドローン宅配は千葉で?特区指定、アマゾン参入へ
http://www.asahi.com/articles/ASHDH2SWLHDHULFA005.html

 オススメ関連記事