渋谷の桜まつりで「宇宙桜」植樹、金土にイベント開催

3月30日(金)、東京都渋谷区桜丘町で開催される「桜まつり」で、宇宙桜の植樹式が行われる。

宇宙桜は2008年、若田光一宇宙飛行士とともに国際宇宙ステーション日本モジュール「きぼう」へ運ばれた桜の種から育てられた、桜の苗。通常、桜の種が育って開花するまでには10年程度かかるが、宇宙桜はわずか4年で開花するという。東北地方の震災被災地などで「きぼうの桜」として復興のシンボルになっている桜が、渋谷にも植えられることになった。

桜まつりは渋谷駅南口、玉川通り南側の「さくら坂」と渋谷インフォスタワー、コスモプラネタリウム渋谷を会場として、各種イベントが開催される予定。宇宙桜の植樹式は30日(金)18時。イベント全体では30日(金)12時~21時、31日(土)12時~15時を予定している。

詳細なイベント内容は、主催者の渋谷駅前共栄会Webページで見ることができる。

http://www.shibuyakyoueikai.com/

Image Credit: 渋谷駅前共栄会

ページ上部へ戻る