火星大接近特集。美しくも不思議な姿で魅せる火星の地表

2018年7月31日は火星大接近と言われる6月末〜9月上旬頃の中でも最も最接近する日。

火星大接近のピークに向けて、soraeでは今まで掲載した火星の様々な地表に関する記事をピックアップ致しました。
天体望遠鏡では決して観測する事のできない美しくも不思議な姿で魅せる火星の地表を改めて御覧ください。

見てみよう!「火星」の不思議写真をNASAが1000枚以上も一挙公開

季節変化がもたらす火星地表のクモのような模様

火星の巨大クレーター「アラム・カオス」に存在する、大洪水の跡

火星を覆う美しい砂丘

火星隕石衝突が残したクレーターと帯

火星の「ヘール・クレーター」の露出した岩盤

火星に掘られた小さな穴

火星のマータラ・クレーターから伸びる溝

火星の岩石が生み出す模様

侵食された層が生み出す火星の渓谷

火星にできた、ほうきのような縞模様

火星の「新たなクレーター」 NASAの探査機MROが発見

火星に「スプーン」を発見? エイリアンの落とし物か、それともただの岩か…

火星で卵のようにツルツルな謎の「エッグロック」発見 探査車キュリオシティ

特撮みたい? 火星探査車キュリオシティが撮影した美しき「ビュート」の数々

 

Image Credit: NASA
https://www.nasa.gov/multimedia/imagegallery/image_feature_83.html

関連記事

ページ上部へ戻る