人工衛星「おりひめ」「ひこぼし」、別離と再会と「子どもたち」

Sponsored Link

20160707_ETS7_1

かつて日本に「おりひめ」「ひこぼし」という人工衛星がありました。七夕にちなんで命名されたこの衛星は、当初の予定を超える大冒険の末、見事に再会を果たしました。

この衛星の正式な名前は技術試験衛星7型、愛称「きく7号」と言います。「きく7号」の目的は、将来の宇宙ステーション開発に向けて、宇宙で自動的に衛星をランデブー・ドッキングする技術を習得することでした。開発したのは宇宙開発事業団(NASDA、現在のJAXAの母体のひとつ)を中心とするチームです。

あれ?「おりひめ」「ひこぼし」という2つの衛星ではないの?と思われたでしょう。実は、「きく7号」は本体の「ひこぼし」と、小型衛星「おりひめ」の2機からなっていました。2機の衛星は一緒にロケットで打ち上げられ、宇宙で分離してから「ひこぼし」が「おりひめ」を迎えに行くのです。

「おりひめ」を抱き止める「ひこぼし」に起きたハプニング

20160707_ETS7_3

1998年の7月7日が最初のランデブー実験の日に選ばれたのは、関係者の洒落っ気もあったのでしょうか。「おりひめ」から2m離れた「ひこぼし」は、完全自動操縦でゆっくりと「おりひめ」に接近すると、腕でしっかりと抱き止めるようにして「おりひめ」を掴まえることに成功しました。写真は「ひこぼし」が撮影した分離の様子です。下にある、3組の手のような部分が「おりひめ」を捕まえる装置です。

続いて、少しずつ遠距離からのランデブーを繰り返すことになっていました。8月7日、2回目のランデブー実験では525mまで離れ、そこから接近を開始しましたが、予想外の出来事が起きます。異常を検知した「ひこぼし」がランデブーを中止し、「おりひめ」との衝突を回避するために距離を取り直してしまったのです。

突然、離れ離れになってしまった「おりひめ」と「ひこぼし」。その原因は、「ひこぼし」のシステムのエラーでした。ときどき起きるエラーのたびに「ひこぼし」は回避モードに入ってしまい、距離はなんと12kmにまで開いてしまったのです。

開発チームの努力で3週間ぶりの再会

Sponsored Link

20160707_ETS7_4

地上の開発チームがエラーの原因を探ったところ、姿勢制御がときどきうまくいかないことがわかりました。しかし、うまくいかなくても再度やってみれば問題ないことがわかったので、1回失敗しても回避モードに入らずに再度やってみるように修正した新しいソフトウェアを送信し、「ひこぼし」の機能を修正することができました。

8月27日、再度「おりひめ」への接近を試みた「ひこぼし」は、3週間ぶりに「おりひめ」をしっかりと抱きとめることに成功したのです。「ひこぼし」は少しずつ距離を広げて実験する予定でしたが、この1回の実験でその後予定されていた全ての実験に相当する内容を成し遂げてしまったことになります。写真は、「ひこぼし」の3組の手が、3週間ぶりに「おりひめ」をしっかりと掴んだ瞬間です。

永遠に結ばれた「おりひめ」と「ひこぼし」、そして「こうのとり」

20160707_ETS7_2

このあと、10月26日から27日にかけて再度の実験を実施し、改良した「ひこぼし」が分離から結合まで完璧に機能することを確認。以後、「ひこぼし」は「おりひめ」と二度と離れることはありませんでした。写真は打ち上げ前の「おりひめ」(上)と「ひこぼし」(下)ですが、再度結合したこの状態のまま飛行を続けました。2002年10月30日、全ての実験を終えた「おりひめ」「ひこぼし」は機能を停止します。

そして2015年11月13日頃、「おりひめ」「ひこぼし」はついに、地球の大気圏に突入したと考えられています。17年間ずっと「ひこぼし」は「おりひめ」を抱き止め、その姿のまま流れ星となって消えたのでした。

「おりひめ」「ひこぼし」で開発されたランデブー技術は現在、宇宙ステーション補給機「こうのとり」となって国際宇宙ステーションへ貨物を送り届けています。「こうのとり」が宇宙ステーションへ届けるのは、「おりひめ」「ひこぼし」の子どもたちなのかもしれません。

 

[訂正]初出時、3週間後の再会の後は二度と分離しなかったと書いていましたが、もう1回実験して成功していました。情報をお寄せ下さった関係者の方に感謝申し上げます。

Image credit: JAXA

ページ上部へ戻る