火星から見た夜空を再現。家庭用プラネタリウム「HOMESTAR Classic MARS」発売へ

スペシャリスト:


 
セガトイズは家庭で楽しめるプラネタリウム「HOMESTARシリーズ」の新作として、なんと火星から見た夜空を再現した「HOMESTAR Classic MARS(ホームスター クラシック マーズ)」を発売すると発表しました。発売日は2018年2月15日で、価格は1万1000円(税別)となります。
 
HOMESTAR Classic MARSは火星の地軸から想定し、わずか1枚の原版で火星の夜空を再現。投影方式は光学式で、投影範囲は約2.5mの円盤状(天井まで2mを想定)。約6万個の星が投影できるそうです。さらに、「火星から見た星空」だけでなく「日本の夜空と火星」の原板も付属しています。
 
今回のHOMESTAR Classic MARSについて、開発に携わったプラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏は「火星から見た星空は地球からのものと全く違う。今回の再現はおそらく世界初」だと語っています。2018年5月はNASAの火星探査機「インサイト」の打ち上げが予定されており、ますますお隣の惑星への関心が高まりそうです。
 
Image Credit: PR Times
■史上初!火星からみた星空を家庭用プラネタリウムで再現!「HOMESTAR Classic MARS(ホームスター クラシック マーズ)」2018年2月15日(木)発売予定
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000253.000001909.html
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、FLIGHTS、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報