地球を去るテスラ電気自動車とスターマン、天体としてNASAに登録される

スペシャリスト:


 
先日スペースXの大型ロケット「ファルコン・ヘビー」によって打ち上げられた、電気自動車「テスラ・ロードスター」とそこに乗り込んだ「スターマン」。こちらが無事、NASAの天体データベースに登録されました。
 
スペースXを率いるイーロン・マスク氏のテスラ・ロードスターは、火星を超える近日点0.99:遠日点1.7の楕円軌道にあるとされています。これは当初予定していたアステロイド・ベルトにある小惑星「ケレス」に近づく近日点0.98:遠日点2.61の軌道とは異なりますが、なんとか火星の公転軌道には到達できそうです。
 
なお、上の画像はテスラ・ロードスターから地球に送られてきた最後の写真です。勇ましくハンドルを握るスペースマンの手元、ダッシュボードの上にはミニチュアサイズのテスラ・ロードスターとスターマンがちょこんと鎮座しているのが見て取れますね。
 
Image Credit: スペースX
■Elon Musk’s Tesla Roadster and Starman Leave Earth Forever in This Final Photo
https://www.space.com/39633-spacex-tesla-roadster-starman-final-photo.html
■NASA
https://ssd.jpl.nasa.gov/horizons.cgi?CGISESSID=c3cbd47fbf603007d1b627107c28962f&s_body=1#top
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、FLIGHTS、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報