「ファルコン・ヘビー」打ち上げ成功! スペースXの次世代大型ロケット テスラ・ロードスター投入しブースター着陸

スペシャリスト:



宇宙開発の歴史がまた1歩進みます。宇宙開発企業のスペースX社は2018年2月6日(現地時間)、フロリダのケネディ宇宙センターの第39A発射台から超大型ロケット「ファルコン・ヘビー」を打ち上げました。打ち上げとブースターの着陸は成功。またロケット第2段とペイロードの「テスラ・ロードスター」は現時点では予定通りの軌道へと投入されています。
 
ファルコン・ヘビーはスペースXの「ファルコン9」ロケットの第1段を3本つなげたような形状をしており、長70メートルで全幅12.2メートル。低軌道(LEO)に約64トン、静止トランスファ軌道(GTO)に約27トン、そして火星に約17トンの打ち上げ能力を持ちます。
 
さらにペイロードとしては、ダミーとして「初代テスラ・ロードスター」と、ダミー人形「スターマン」が搭乗。デビッド・ボウイの「スペース・オディティ」を流しながら火星周辺軌道へと投入される予定です。
 

 
「ファルコン9」ロケットの第1段を3本つなげたような形状のファルコン・ヘビーですが、3本のブースターのうち2本のサイドコアはケープ・カナベラル空軍基地のゾーン1とゾーン2(LZ-1とLZ-2)に着陸成功。そしてセンターコアは大西洋海上のドローン船「Of Course I Still Love You」へと降り立ちました。センターコアの着陸の可否は確認中です。
 
ファルコン9でもそうでしたが、ファルコン・ヘビーでもロケット第1段を再使用することにより、その運用コストの削減が予定されています。

 

 
そして、ファルコン・ヘビーのフェアリング内に搭載された「テスラ・ロードスター」現時点では予定通りの軌道に乗っています。今後は地球脱出のためのエンジン噴射を行い、火星へとこのテスラ・ロードスターと「スターマン」が旅立つのです!
 
Image Credit: スペースX
■Falcon Heavy Test Flight
[https://www.youtube.com/watch?v=wbSwFU6tY1c]
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、FLIGHTS、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報