エアバスA330-800がロールアウト 2018年半ばの初飛行を予定

スペシャリスト:


 
エアバスは2018年2月5日(現地時間)、A330neoファミリーの最新機種となる「A330-800」がロールアウトしたことを発表しています。上の写真は、塗装を終えた機体のものです。
 
A330-800は250座席を備えるエアバスの次世代ワイドボディ機で、251トンの最大離陸重量と8150海里の最大航続距離を達成。A330-200の汎用性や人気、成功を引き継ぎ、次世代の経済性を達成した機体となっています。
 
機体はA330-900と99%を共有しており、同一のフレームやロールス・ロイス製の「トレント7000」エンジンを採用、クルー教育も共用できます。また「A350XWB」の技術を利用したシャークレットは翼長を64mに延長し、最先端の空気力学的特性を実現しています。
 
なお、A330-800は2018年半ばに初飛行を予定しています。
 
Image Credit:エアバス
■エアバス・ジャパン
http://www.airbusjapan.com/
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・ドローン・宇宙ジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Sorae、FLIGHTS、d.365、@DIME、GetNavi web、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報